アジアカップ 準々決勝 日本 vs カタール

なんとか勝てました…。もう薄氷の勝利といった試合。

これで準決勝進出。もう少しヒリつくような戦いが出来ます。

それにしても試合は非常に苦しくもあり、ドラマチックでもありました。
常に得点で先行されながらも追いつき、終了間際での逆転。(それも10人!)

これ以上ない盛り上がりかも知れませんが、結局自分達で苦しくしていったような印象があります。

特に得点を決めた二人は、得点を決めた以外に良い所があったのかな?というぐらいトータルパフォーマンスで不満があります。得点を決めたからチャラ、とは思えないなぁ。パスミスが多過ぎるし、取られ方も悪過ぎでした。まぁ伊野波のところは内田が戻るだろうから良いけど。

それから松井に代わって岡崎が入ってから多少はボールが回るようになってきましたが、それでも本田と香川が一緒に出ると前線の停滞感があります。お陰でまた前田が行方不明になってました…。
3戦してこの状態ですから、正直二人のうちどちらかは外してもらいたい。じゃないと周りの選手が活きないと思います。

逆に良かったのは長谷部。
一人少なくなって失点してからの奮闘ぶりは凄かったですね。プレーでみんなを鼓舞していました。

遠藤も長谷部と良いコンビでした。ミスが少ないし、バランスを上手く取ってたと思います。今のところ、あそこのポジションは二人で揺るぎない感じ。

長友も相変わらず良く動き回ってました。だんだん良くはなってますが、まだまだ出来るはず。

あと退場した吉田は本人が言う通り、「審判に対応し切れなかった本人のミス」でしょうね(決して審判のせいではない)。審判は「中東の笛」とかではなく、中立だったと思います。どちらにも不利な判定が多かったというだけ。

さて、とにもかくにも勝ちきる事が出来ました。次はイランか韓国。
今の攻撃陣だと苦労しそうですが、団結力の強さで奮闘してもらいましょう。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です