アジアカップ 日本 vs サウジアラビア

決勝トーナメント進出を掛けた戦いは、相手を完膚なきまで叩きのめしての完勝。

一部の人達は「サウジがヤル気がない」とか「相手が弱すぎた」とか「モチベーションが低くて緩すぎ」とか言ってますが、そんな相手にキッチリと差を見せて勝ちきる日本の強さをまず誉めてあげるべき。

試合は終始日本ペースで進められ、相手に付け入る隙も与えませんでした。
特に松井の代わりで入った岡崎の良さは光りました。とにかくゴールへ直結する動きは終始相手の脅威。松井の離脱が決まりましたが、たとえ松井が居たとしても岡崎の方がスピードに乗った攻撃が出来るので、岡崎を先発で使ってもらいたかったところです。

そして本田の代わりとなった柏木も持ち味を存分に出したと思います。
キープ力、走力、視野の広さ、スペースの使い方。広島時代と変わっていません。良い潤滑油となってました。
ただ、ザッケローニ監督にとってファーストチョイスはやはり本田かなぁ。

しかし、本田の代わりで出ても充分イケます。というか、柏木が入ると他の選手の動きも良くなるのではないかな。(まぁ相手がユルユル過ぎたのもあるけど)

西川はFKで一瞬ヒヤっとしましたが(ポジショニングが悪かったのかしら)、それ以外は安定した守備を見せました。それでも相変わらずの飛び出しにはドキドキさせられますが…。

そして内田が前半の早い時間帯でイエローを貰った時に、「もしかして、もしかして…!」と期待値が上がりましたが「伊野波かよ!」とズッコけました。

いや、別に伊野波が悪いわけではなく(実際良かったし)、「右サイドバックと来れば!」みたいなところがあったので。

まぁ森脇は追加招集ですから、なかなか出場機会は無いかもですね~。残念!

それから初戦を観た時に「ザッケローニ監督、大丈夫かしら?」と思ってましたが、徐々に連携面も良くなってきたし、交代カードも素人目に見ても明確な意図を読み取れるものだし、杞憂だったと思います。

今後の日本が楽しみになってきましたよ。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です