天皇杯 準決勝

天皇杯を見ていました。

「清水エスパルス vs ガンバ大阪」は清水が圧倒してましたね。
理由はガンバに遠藤選手がいないからじゃないと思います。もちろんその影響も多分にあるとは思いますが、それ以前に素人目にも清水の方が良く動いてるなぁ~という印象がありました。小野選手や藤本選手の躍動を見ていると、なんか広島がベコベコにされた試合を思い出してちょっと憂鬱に。

ガンバを応援していたのですが、清水の方が最初の勢いのまま結局最後まで押し切ったという印象の試合。運動量、落ちなかったなぁ…。

その後、小野選手のヒーローインタビューをぶった切って直ぐに始まった「鹿島アントラーズ vs FC東京」の試合を観戦。

延長後半の終了直前、最後の最後で興梠選手が得点を決めて決勝進出を決めました。

鹿島の野沢選手が好きなので鹿島を応援していましたが苦しみましたねぇ~。よく見るとマルキーニョスがいないなぁ。恐らく彼がいればもっと強かっただろうに。それでも同点弾と追加点のアシストという仕事をした大迫選手は天晴れだったと思います。

これで元日の決勝は「清水エスパルス vs 鹿島アントラーズ」。
今日の両試合を観る限り、清水の方が「強いな!」という印象を持ちましたが、鹿島もACL出場権が懸かっている以上、死に物狂いで来るでしょうから白熱した好ゲームになりそうです。

これは観なくては!(起きてたら、なんですけど)


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です