第32節 サンフレッチェ広島 vs 清水エスパルス

小野伸二がいなくて「これは貰ったー!」と思ったら藤本淳吾が居た件。

微かな希望だったACLも露と消えた今節。

攻めども攻めども清水のディフェンスを打ち破る事が出来ず(シュートすらままならない!)、意地の一点を返すだけに留まりました。

あそこまでガッチリ引かれたら難しいでしょうね。
それでも何回かは強引に中央突破からあわや、まで持ち込めたりもしましたが何よりその回数が少ないのと、中途でのパスを奪われる回数の方が多かったです。

また、遂に佐藤寿人と李忠成の2人同時起用でしたが、なかなか上手く機能せず。というか、失点してからは完全に清水が守備からのカウンター狙いで来たので自由に動けるスペースが無かったのかな。

それから今節の高萩はダメな方の高萩でしたね。
山崎との交代は高萩かと思いましたが、寿人でした。まぁ点を追う立場ですから、ここまで結果の出ているメンバーになるのは仕方ないかもしれませんが、あの高萩だとダメだと思いました。

どこかに絶好調スイッチが無いのかな?背中とか。

それから今噂の槙野ですが、ここに来て攻め上がりの回数も増えて活躍が目立ってきたように思います。
丁度、日本代表選出あたりから?目に見えて自分のストロングポイントを押し出してるように感じます。

森脇は…まぁ語るまい。

さて、これでリーグも残り2戦。
あとは賞金圏内になんとか入るぐらいしかありませんが、残りを勝利で飾れるように頑張ってもらいましょう。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です