第31節 サンフレッチェ広島 vs アルビレックス新潟

どこにモチベーションを持って行けば良いのか分かりませんが、試合は続きます。

とテンションが若干上がらない私を余所に選手は奮闘。何だよー、面白いじゃないかー。

前半は「しっかりと守備からのカウンター」を徹底して狙う新潟、に対して攻めあぐねる広島。
でもガンバやマリノス、ジュビロのような「こりゃダメだな…。」という感じはしませんでした。

攻めあぐねると言っても、前からの連動したプレスで相手に余裕を与えず、ボールを持っては長短を使い分けたパスで相手に狙いどころを絞らせない試合運びで、ざっくり言えば試合を支配できてました。

ミキッチが躍動すれば、青山も運動量多く、森脇は縦パスを悉く相手に取られ、李のポストプレイ、森崎和の危機察知能力からのボール奪取、森脇の枠に飛ばないシュートや、高萩の先週までと変わった正確なパス、槙野、山岸の効果的な飛び出し、山崎のアクセントを付けるクサビ、森脇の飛び込んだ所をミシェウ選手にあっさりかわされる等、まさに見所満載。

若干一名誉めてない気がしますが、それも冗談。
私の森脇も所々ミスはあるものの、充分な戦いぶり。相手をうまくいなしてのパスや危険な所での体の張り方など、やっぱり良い仕事してました。

後半、足の止まった新潟に対してやりたい放題。
ボールも前線からのプレスで素早く奪いフィニッシュまで持ち込んだり、逆に相手にプレスを掛けられてもワンタッチ、ツータッチでボールを回し、スペースへと展開して攻めたりと昨年の広島を思い起こさせる完成度を観る事ができました。

得点も高萩、李、李、大崎と4得点。
特に李のドリブルで持ち込んでのループシュートは秀逸でした。

先程もチラっと触れましたが、この日の高萩は前節までの低調ぶりが嘘のように確実性のあるパスや囲まれても奪われない強さ、前線からのプレスにと走り回ってました。うーん、いつもこのレベルで保ってくれれば良いのに…。波があり過ぎかな。

李は相変わらず好調をキープ。
前節を見た時は力み過ぎてましたが、今節は…やっぱり力み過ぎな気がしました。でもザッケローニ監督の前で2得点。特に2点目は強烈な個を出しての得点だけに本当に代表に呼ばれる可能性も出てきたのではないでしょうか。

残りあと3試合。
まずはしっかりとサンフレッチェの試合をしてもらい、来期を見据えた布陣を色々試してもらいたいですね。(佐藤寿人と李の共存とか)

あと槙野は移籍しそうですね。残念ですが…。

その分、柏木が戻ってくれば良いのに。フィンケ監督も辞めそうだし。
(あ、でも柏木は2年契約か)


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です