第30節 サンフレッチェ広島 vs ガンバ大阪

これに勝てばもう一度ACL圏内を目指す戦いに加われるはず、の試合でしたが、見事にガンバの上手さにやられて脱力の敗戦となりました。

試合自体は「やっぱ勝てねぇなぁ…」という程でもなく、わりと持たせてくれるガンバがキッチリ守ってカウンター狙いみたいな試合でした。

かと言ってガンバがガチガチに守ってるというわけでもなく、出るとこは出る。引く時は引く、という事が徹底されていて、いわゆる「攻めようがなくて困ったサンフレッチェ」状態に持っていかれた感が強かったですね。

失点シーンはミキッチのパスを中島が華麗にスルー→イ・グノ選手に綺麗に繋いでそのまま落ち着いて決めたのと、コーナーキックからの失点。なんだかなぁ…。

まぁ、今回は李が力が入り過ぎて決定的なチャンスを3回程外したのが敗因の一つかな。あれのうち、一つでも決めていればお互いが攻め合い、ボコボコにされるか、ギリギリ勝てるかだったでしょう。多分。

とにかく全員、動きが重かったですね。
特に中島と高萩は良くなかったです。中島はずっと調子が上がらないけど大丈夫かな?

高萩は「そこ誰?」パスの連発でナビスコ決勝以来、燃え尽き症候群みたい。
そんな高萩でも先発で使わないといけないほど控えが良くないのかな?とか思うとちょっと切ないですね。

それでも唯一の光明は森崎和幸。
ガンバの明神選手にも負けず劣らずで、一人無双でしたね。一人じゃダメだけど。

青山も序盤は悪かったですけど、徐々に試合に入っていけた感じ。でももっと出来るはず。

さて、「リーグ残留」「ACL圏外」「ナビスコ終了」「天皇杯終了」となった現在、なかなかモチベーションを上げるのは難しいですが、一つでも順位を上げていく為に、もう一度ネジを締め直しましょう。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です