第29節 サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ

素晴らしく感動した試合。

私自身、水曜日のナビスコ決勝を引きずっていましたが、選手は違っていました。

いや、引きずっていたとは思いますが、それ以上に「やってやる!」の気持ちがありました。本当に感動。

中3日を感じさせない運動量溢れる魅力的なサッカー。

相手が浦和レッズというのも良かったですね。
サンフレッチェもそうですが、浦和もまた「相手云々より自分達のサッカーをする」チームですから。

お陰で森崎和や青山にどんどんボールが集まり、長短やサイドを狙ったパスがバンバン通り、選手が躍動する事が出来ました。

これが大宮や仙台だったら、前節の横浜や磐田のようにしっかりと対策を取られ試合を殺されかねなかったです。ある意味、気持ち良く試合をさせてくれた浦和に感謝。

何よりも寿人の復帰決勝ゴール。さすがに私も叫んでしまいました。
これから李とどうなっていくのか…。これだけ結果を出している以上、李を使わない訳にはいきませんが、佐藤寿人もまた試合に出るべき選手です。ペトロヴィッチ監督にとっても嬉しい悩みとなってきた事でしょう。

ただ最近の懸念ですが、今回は浦和が自由にさせてくれたので良かったのですが、森崎和、青山、中島に仕事をさせないように対策を取ってこられた時のサンフレッチェは明らかに機能不全に陥ります。

その時、どうやって打開するのか。
普通に考えると「それが分かっていても相手が止めれないぐらい更に上をいく」方法と「別の戦術をもって相手を崩していく」方法があります。

が、前者は現状ではまず無理だと思います。湘南ぐらいに選手の質が違えばそれでも勝てますが、同じぐらいの戦力のチームには歯が立ちません。横浜、磐田で立証済みだと思います。

もし、こちらが機能不全に陥った時、別のやり方で相手を崩せるようになると本当にやっかいなチームになるのでしょうけど、なかなかの夢物語かな。

まぁ、そういう不安要素はあるにせよ、昨日の試合はナビスコの悔しさを力に変える事の出来た素晴らしい試合だったのは間違いありません。

よく立ち直ってくれた選手に感謝!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です