第22節 サンフレッチェ広島 vs セレッソ大阪

中2日、キツい日程で迎えたリーグ戦。
今、一番勝つのが難しいと言われているノリノリのセレッソ大阪が相手となり、更に難しい試合になるだろうと覚悟した今節。

案ずるより産むがイージー。
試合が始まってみるとサンフレッチェは中2日を感じさせない走り、そして強い気持ちで戦ってくれました。

一番辛い展開は最終ラインまでプレッシャーを掛けられて、こちらがミスしたボールを拾っての波状攻撃でしたが、セレッソも昼の試合で疲労を考慮してか、無理にボールを追いに来る事がないので終始こちらのペースで試合を進める事が出来ました。

試合はセットプレーという、ある意味不運な形で失点しましたが、その直後に高萩がPKを貰い、槙野がキッチリと決めて同点。試合はそのまま1-1で終了。大阪遠征はナビスコ準決勝進出、リーグ戦勝ち点1という結果を出して帰広となりました。

試合を振り返ると、勝ちきれなかったのは悔やまれますが「佐藤寿人、ストヤノフ(+森崎和、山岸)」という看板が居ないのに加え、中2日というタイトな日程の中、あそこまでボールを支配し戦えた選手を素直に讃えたいと思います。

セレッソ大阪は良くも悪くも「乾、家長」両選手のチームなのかな、と。あの二人が目立たないと攻撃力もかなり落ちる印象ですね。実際、中島(と森脇)のたまにやる大チョンボのせいで、あわや失点されそうでしたし。

さて、サンフレッチェの選手で目立ったのは青山。
もう「凄ぇー!」としか言いようがない。彼が居なかったらゲームはもっと難しかったでしょう。

それから山崎。佐藤寿人には絶対なれないのだからもっと自分のカラーを出しても良いと思うんですけどねぇ。チームとしての役割があるから難しいのかな?ただ動きは悪くなかったです。

私の森脇は、最近他のブログや掲示板を読んでも評価がうなぎ上りなので割愛。

ミキッチはまた負傷みたいで残念!トータル1勤30休ぐらいなので、しっかり治して馬車馬のように右サイドを蹂躙しておくれ。

中島はお疲れだったかな?いつも以上に「∑(=゚ω゚=;)おいおい!」というミスが多かったですが、青山の次ぐらいにボールをさばき、最後まで走りきってくれてました。もう「お疲れさん!」としか言えない。

高萩は…うーん。私の中では中島と全く逆の評価ですからね。割愛。

槙野。あれだけプレッシャーの懸かる中での振り向きPK。外せば批判の嵐が吹き荒れる中でしっかりと決め切ったのは良かった、のか?ただ日本代表召集前と比べると前への意識が強くなっているのは嬉しかったですね。

後は目立ってはないですが、しっかりとゲームを作ってくれてたと思います。横竹も試合を通じて目立たなかったという事はミスが無かったという事かな。

さて、前回はボコボコにされたわけですが今回、リベンジとまではいきませんでしたが、しっかりとサンフレッチェの試合を見せる事が出来たと思います。

次節まで1週間余裕があるのでしっかりと休養して、もう一度上位に向けて戦ってもらいましょう!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です