第21節 サンフレッチェ広島 vs モンテディオ山形

よく勝ち切ったな…というのが正直な感想でした。

前節まで4連続完封、3勝1分と好調な山形と、久々に前節は勝てたものの、それ以上にFC東京の拙さに助けられた感のあるサンフレッチェ。

堅守というイメージがある山形はやり難いなぁ、と思ってましたが、とんでもない。悪い意味で裏切られるというか、想像以上に中盤からプレスに来て、奪っては全員でボールを保持して組織的に攻めてきました。

前半の始めは相手のバタつきに助けられて押し込んでいたサンフレッチェでしたが、徐々に山形にペースを握られ、逆に押し込められて自陣で張り付くという展開。

原因は言わずもがな、中盤でのパスミスが主ですよね…。
最終ライン、中盤でプレスに出てきた相手の空間を使いたいサンフレッチェなんでしょうが、相変わらずスムーズなパス回しが出来ない為、無理なパスや雑なパスになって、途中で奪われて慌てて戻るというシーンを何度も家政婦は見た!家政婦ではないですけど。

また山形の田代選手が前線のボールを上手く収める事が出来るから、それも山形にとっては大きいでしょうね。

佐藤寿人の方は、あまりにも周囲のサポートが無いから無理ですわな…。それでも流石のキャプテンでしたが。

試合は後半、ペナルティエリア内で佐藤寿人の切り返しに遅れてタックルした山形の選手が足に掛かってしまい、PK。これを森崎浩司が確実に決めて先制。

これで前に攻める事しかなくなった山形。
上手くボールを奪ってカウンターが仕掛けられるチャンスだと思ってましたが、ここでもしっかりと山形にボールを回され自陣に引き篭り気味になってしまうサンフレッチェ(涙)。

最後はクロスボールが反対サイドのドフリー増田選手に渡ってしまい、冷静に決められて同点。

これは明らかに「負け模様-頑張って引き分け状態」になってしまったと思ってましたが、久し振りのミキッチ登場。昨年は呪われてるかのように全くゴールが決まりませんでしたが(PKですら!)、今回はあっさりと決めてくれました。

ペナルティ前まで侵入して相手がケアしていない左足で一閃。
ここしかないという隅にゴールが決まり、選手、サポーター、スタッフ一同大喜び。

良かったね~、ミキッチ!
これで吹っ切れてゴール、アシスト共量産してね~。

試合は最後にパワープレーに出てきた山形に押し込められたものの、きっちりと1点を守りきりサンフレッチェが2連勝を飾りました。

山形は前半に負傷交代で2枚カードを切ったのが痛かったでしょうね…。
でなければ広島相手には燃えてきそうな西河選手の投入もあったでしょう。そういう点でもウチがラッキーだった試合かな。

さて、選手についてですが、交代が横竹ではなく森脇というのが解せないのが一点。

ミキッチが出てくるという事は(私の)森脇が一つ下がって本来のポジションになるのかと思ってましたが…。森脇だとどうしても攻撃力では役不足になりますが、本来のDFであれば対人に強いし、ボールを持っても展開力もあるし、機を見ての攻め上がりも魅力があります。なのに横竹残すなんて。くっ!

それと高萩は…。
うーん、高萩ファンの方には悪いけど私はやっぱり彼のプレーは嫌いだなぁ。

通れば多分「凄えぇー!」とか言われるパスなんでしょうが、何しろ確率が悪い上、今回は走りきってる感じのしない、いつもの高萩。シュートチャンスもなぁ…。

ファーストチョイスは山崎の方が良いと思うんだけどなぁ。

他のメンバーはまずまずでしたけど、コンビネーションが悪いのと、ストヤノフの疲労度が気になります…。

さて、これで戦績の上では良くなったように見えますが、正直まだまだ物足りなさがあります。ギリギリ勝ち点を拾ってるという感じで、本来の動きとは程遠い印象です。

それでも勝ち続ける事で雰囲気も良くなっていくでしょうから、こちらとしてもとにかく勝ち点を1つでも上積みしてもらえるよう応援しましょう。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

2 comments

  • ウチのアウトサイド部ウイングバック課は激務ですから、さすがのリョータもお疲れだったんではないでしょうか。彼が頑張って相手の左サイドをヘロヘロにしといて、美香のスピードでとどめを刺したと前向きに解釈しましょう。

  • >サミュエル・カトーさん
    (人´∀`)なーるほど!
    確かに仰る通りですね。

    すいません、良太の事になるとつい周りが見えなくなり…(/ω\)ハズカシーィ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です