第19節 サンフレッチェ広島 vs 大宮アルディージャ

昨日ビッグアーチで行われた「サンフレッチェ広島 vs 大宮アルディージャ」は前半早い段階で先制するも追い付かれ、そして勝ち越されて、結局1-2と逆転負けを喫しました。

1点目は完全にやられちゃいましたが、2点目は本当に不運だな、と。
あれが入っちゃうと辛いものがありますが、これが下降気味のチームと上り調子のチームの差なんでしょうか…。大宮の1点を守りきる執念が勝った試合でした。

 

昨日はかなり気持ちが見えてたと思うし、試合もかなり圧していたと思うんですけど結果は逆転負け。前半の始めはかなり良い入り方をしたし、その勢いで点も決めたのですが、そこから逆転を許すまでの20分は完全に主導権を奪われてズルズルと引いてしまってました。そしてそこで粘りきれないのが今のサンフレッチェなんでしょう。

 

選手個々で言うならば、今回は佐藤寿人へのマークも甘かったのか、何度もチャンスを演出しますが全て不発。キャプテンもスランプかな?
それから、いつもは軽いプレーにしか見えない高萩も昨日はとにかく走りまくってましたね。観ていて嬉しかったです。ただし、シュート能力がもう少しあれば昨日の結果も4点取れてましたよん。ゴール前の落ち着きを磨け!

横竹は結構な感じで酷いっすな。前半20分頑張った後は完全なお疲れモード。パスを出した後は歩く歩く。彼がスタメンを張るほど人材不足なのか、と。
服部も言わずもがな。まぁでも彼は結構上下に動いてましたし、良いクロスも上げてましたからそんなでもなかったかな?

私の森脇はクロスの精度が…。良い動きはしてたんですが、後半の最後は完全なフリーなのに全然ボールが来なくて切なかったね。もう少し頑張りましょう。というか本職のDFの方が絶対良いのに…人材不足だわ。

 

青山はさすがの青山です。文句なし。
ストヤノフもさすがのブルガリア。文句なし。
中島おじさんも頑張ったね!

 

さて、ここまで来ると逆に開き直りの精神です。
次節、負けようが引き分けようが勝とうが、そんな事よりも試合内容がポジティブであるか?その一点だけですね。そうすれば結果はどうあれ、それが応援する気概に繋がります。

少なくとも第11節の「セレッソ大阪戦」や第18節の「川崎フロンターレ戦」のような「内容も結果も伴わない」試合だけは見せて欲しくない。

 

今が底だと思うし、それを乗り切ってもう一度上位進出を目指してもらいたいですね!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です