第17節 サンフレッチェ広島 vs ガンバ大阪

うーむ…。これはセレッソ大阪戦とは違う意味での辛さが残る試合でしたね。

セレッソ大阪戦は相手の勢いというかイケイケにやられた感がありますが、今回のガンバは成熟したチーム力というのをまざまざと見せ付けられました。セレッソ戦と比べても選手は動けていますが、それでも相手に上回れたという意味で上位チームとの差を痛感しました。

 

前半は昨年のホームゲームの後半を見てるようなデジャヴを思い起こさせる展開。
動きの質、パスの質、攻守の共通理解。全てガンバの良さを出させてしまい、キッチリ2点を奪われて試合を支配されます。

昨年だとサンフレッチェが前半に相手を圧倒し2得点、後半はガンバの猛攻に遭い2失点のドローでした。

さて、今回は?と思ったところ、確かに後半はサンフレッチェが意地を見せて攻め続けました。特に選手交代から丸谷、桑田が入ると森脇が右サイドの高い位置に入り、ピッチを広く使った攻めを見せれたし、ストヤノフが鬼ドリブルで相手をかき回したり、ロングパスの精度がどんどん上がってきて相手を震え上がらせたと思います。

しかし結果は伴わず、結局0-2で敗戦。
勝てば上位に食らい付いていけたのですが、今回負けた事によりこれからは、より負けられない厳しい戦いになってきました。

勝ち点からも、試合内容からも辛かったですね。

 

それにしても私の森脇、今日も良かったなぁ…。
見ていて面白いし、熱いですね!良く頑張った!

清水は…ちょっとガンバの安田選手に圧されて良さが出なかったですね。
それでも勝ちきらないとレギュラーは厳しいかな…。

 

相手のガンバ大阪ですが、やっぱ遠藤、橋本両選手は上手いなぁ…。
それと宇佐美選手。彼はボールを奪われないし、ドリブルは出来るし、運動量も豊富でこれは将来の日本代表候補ですな。世界に通用するかは分かりませんがちょっと見てみたい。

 

あと西野監督の「ポゼッションサッカーの代名詞を広島に譲りたくないと思っている」という言葉に意地が見えましたね。逆にそれだけ意識してもらえるって事は徐々に脅威になりつつあるんだと一人ごちている私でした。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です