第14節 サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ

(≧▽≦) ナイッスゲーム!

 

昨日行われたJリーグ第14節「サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ」は槙野のゴールで1-0、柏木のいる浦和レッズに見事勝利しました!!

試合の詳細はアチコチで書かれているでしょうから置いておくとして、まず槙野。対面に柏木がいたからか、いつも以上にテンションが高かったような気がします。それに柏木、槙野両名とも楽しそうでしたね~。でも出来るなら同じ紫のユニフォームでやってくれ、と。

得点シーンの時の槙野はパスを出して直ぐにゴール前のスペースまでよく走ったと思いますし、佐藤寿人もレッズDFに囲まれながらも上手くスペースへパスを出したと思います。あの得点シーンは美しかった。あれだけで銀シャリ2杯はいけます。いけません。

 

チームの共通意識があったのか、序盤からストヤノフを中心に中盤を飛ばしてのロングパスを狙っていましたが、佐藤寿人は何度かそれで抜け出しそうになって相手を慌てさせてましたね。ゴールのアシストもしてましたし、終始相手の脅威として存在してました。

ストヤノフもだいぶ正確無比なパスになってきたので、いよいよ強力な武器が戻ってきました。

私の森脇も相変わらず良かったですね~。対人では食らい付き、タイミングを見て前線に顔を出し、パスミスもほとんどありませんでした。ただ相変わらず危険な場所でのファールがありましたのでもう少しクレバーになってくれれば…。

あと高萩が山崎と交代しましたが何故でしょうか…。
ペトロヴィッチとしてはゴール前の山崎に少し不満があるのかな?確かに「そこは決めて」とか「シュート!」とか物足りないと思う時はありますけどね、チャンスはよく作るし、よく走るので私の中では高萩よりも断然なんですけどねぇ…。

 

チームとしては序盤~中盤に掛けてロングボールを多用していましたが、ゴールを決めた後は相手に隙を与えない、早いボール回しで相手のプレッシャーをかいくぐっていました。あの辺りは本当に成長したなぁ、と思います。ちょっと前は点を取ると自陣に引き過ぎて最後までヒヤヒヤ、イライラしてましたからね。

 

さて、広島はこれで連勝です。
セレッソ大阪戦のショックが逆にこの結果を生んだのかなとポジティブに捉えています。

次は仙台ですか。
非常に苦手なイメージがあるのですが、あっちは逆に連敗をしているので調子を落としているのかもしれません。勝てるなら今がチャンス?と思う反面、相手を勢い付かせる勝利をプレゼントしてしまうイメージが払拭できません…。でも今なら勝てる!かしら?(最後まで弱気)


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です