ワールドカップ 日本 vs オランダ

録画して飲みに行くと、全然関係無い席で「真っ先に俺が報告する!」という名誉欲に駆られた頭の悪そうな兄ちゃんに「うわー!1対0で負けじゃー。」とか携帯見ながら言われてテンションが下がる今日この頃、如何お過ごしでしょうか?

まぁ結果が知れてしまったとしても「世界ランク4位」相手にどのような試合をしたのかを確認する為に一応観ました。

 

試合序盤、圧倒的にボールを支配されながら耐える日本。頑張ってプレスを掛けてもピッチをワイドに使うオランダに翻弄されるばかり。これは相当ヤバいなぁと思っていましたが、試合が膠着するにつれ徐々にボールを持てるようになった日本は、松井や本田、大久保を中心にオランダ陣内に攻めて行きます。

特に大久保は本当に調子が良いんでしょうね。相手に囲まれてもボールをキープ、ドリブルで積極的に仕掛け、どんどん遠目からシュートを打ってました。

残念ながら彼に唯一欠けてる得点能力のお陰で枠内にすら飛ぶ事もままなりませんでしたが、非常に前線で利いてました。

 

前半をスコアレスで折り返しての後半。
開始直後から一気に仕掛けてくるオランダに防戦一方。これを前半のように耐えしのげていれば日本にも勝つチャンスはあったのですが、スナイデルに見事なミドルシュートを決められてオランダ先制。
スローで見ると川島がしっかりと弾いているのですが、不幸にも弾いたボールがゴール方向に飛んでいってしまいました。

これで安心したオランダは無理に攻める事なく、カウンターでの追加点を狙いにいく考え。
逆に日本はボールを持たせてもらえる時間が増え、何度かオランダのゴールに迫ります。

一点を追う日本は中村俊輔、岡崎、玉田を入れて、局面を打開しようとします。
結果を知ってるという事もあるのですが、岡崎、玉田が入って急速に興味を無くしてしまう自分がいたり…。

案の定、「それは決めんと何の為のFW?」というシュートを豪快に外す岡崎。例え疲れていても大久保の方が前線のボールの収まりが良いのでずっと彼を使い続けた方が良いのに…。
(゚Д゚)あ、あと玉田さんも空気だったな。

最後トゥーリオを前線に残し、パワープレイで何とか同点に持ち込もうとする日本ですが、最後までキッチリとオランダに守られ試合終了。

日本はオランダ相手に1失点という最小失点でタフな試合を終えました。

オランダ相手にこのスコアは本当に評価されてしかるべきだと思います。
トゥー何とかさんも守備だけに専念したら非常に良いのにね。川島も失点シーンは残念でしたが、それ以外では得点されてもおかしくないシーンを2度、3度と止めてくれ、結果的にこのスコアで試合を終える事が出来ました。

これでオランダとの一騎打ちですが、精神的にも有利な形で戦えます。

 

あとは中村俊輔が何とか状態が上向いてくれないかな…。そうすれば日本がリーグ突破するのも夢じゃなくなります。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です