第5節 サンフレッチェ広島 VS モンテディオ山形

┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~…完敗ですな。
見事に山形のやりたいような展開に持ち込まれてサンフレッチェの良さを完全に殺された試合でした。

というか、全員10kgの鉛でも付けてますか?というぐらいの体の重さでした。
ACLを精神力で乗り切って、残った燃えカスで戦っていた感じ?槙野もストヤノフもフレッシュなはずなんですが、周りが動かないから良さが全く出ませんでしたね。

試合は先程書いたように山形のやりたいようにやられました。守備ブロックをがっちり敷いて、途中のパスを上手くカットするとサイドから一気に攻めあがるというシンプルかつ効率の良いダイナミックな展開。特に田代選手は守備もサボらないし、ボールは持てるし、散らせるし、良く効いてたなぁ。

 

まぁそれ以上にサンフレッチェの選手の動きの悪さが目立ちました。もう少しフレッシュな選手を先発に入れても良かったんじゃないかな?と思います。

これがACLの弊害なんでしょうね。
でも次は一週間空きます。選手たちはサンフレッチェの良さが全く出なかったこの悔しさを胸に次の川崎フロンターレに臨んでもらいたいです。

負けたので今日はここまで!
(山形の西河選手、喜んでるだろうな~。きー!)


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です