ACL 第三戦 サンフレッチェ広島 VS アデレード・ユナイテッド

つ、辛過ぎる…っ!!

これが世界の壁なのか、いや世界というかアジアの壁?

 

という事で、ACL初挑戦。見事三連敗を喫して、ダントツのビリを負け取っております。

試合経過は冷静に振り返れないので思った事をツラツラと書いていきますが、まずはえー、私の森脇君。またやってしまいました…。
ボールの処理を誤って逸らしてしまい相手にビッグチャンス。そのせいで最後の砦、ストヤノフに無理をさせてしまい、一発退場。もはや戦犯に挙げられてもおかしくないレベルをまたやらかしてしまいました。その後もイエローカードを一枚貰っているのに審判と言い合いをしたりしてましたが、いい加減学んで欲しい…。

 

試合自体ですが、負けたのに甘いと思われるかもしれませんが、正直サンフレッチェの選手を誉めてあげたい!手放しで「良く頑張った!」と労ってあげたい。それぐらいの試合を見せてくれました。サンフレッチェのスタイルを貫いて、あまつさえ10人で逆転まで演出した彼らの頑張りは純粋に感動しました。

 

でも勝った方が強い。そりゃそうだ。
だから辛い、というか悔しい!あんなラフプレーに屈したサンフレッチェが悔しい!

もちろんアデレードは一人一人がボールを持てるし、不用意に飛び込むとあっさりと交わしてドリブルで持ち込む事が出来るレベルの選手ばっかりでした。前線の選手もサボらず、パスで回されてもずっと追い続ける執念もありました。パスも繋ぐし、ショートカウンターで一気にゴールまで迫る迫力もあり、非常に優れたチーム。

でもラフプレーが多い。とにかく多い。
「ラフプレー?あぁ、そうだな。サッカーより好きだね。」という人の集まりかと思ってしまいます。

 

ただそんな中にあってもサンフレッチェのサッカーは充分通用してました。幾度となくポッカリと空いたバイタルエリアにパスを通した事か。どんなにプレッシャーに晒されてもとにかくパス偏重で交わして交わしてやいのやいの、と負けはしましたがチームとしての芯というか心意気は感じました。

 

次はホームで再戦です。この悔しさを胸に必ず勝ち点3を取ってもらいたい!
勝てるぞ!!

あと森脇、しっかりしろー!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です