ACL サンフレッチェ広島vs浦項スティーラーズ

ACL初戦、ホームでの試合を落としたサンフレッチェ広島。

アウェイ2連戦では何としでも勝ち点を持って帰りたいところです。

 

昨晩の相手は昨年のACL王者、浦項スティーラーズ。

非常に厳しい戦いが予想されますが、粘り強く戦ってもらいたいところ。

 

試合は序盤から浦項ペース。激しいプレッシャーに晒されるサンフレッチェは体勢の悪いままでのパス回しを余儀なくされ、苦し紛れのボールを奪われるとペナルティエリア付近まで侵入されピンチの連続。ほとんどをサンフレッチェ陣内で過ごしました。相手のユニフォームからいってまるで鹿島とやってるような感じです…。

それでも単純に前に放り込まずに繋ごうとする意識が見られたのは前進かな?

 

と思ったのはやはり前半だけ…。前半ですら3本しかシュートが打てなかったのに、後半は完全にボールを支配され全く無す術なし。

森脇が与えたフリーキックから上手く頭で合わされ失点。

 

これでようやく火が点いたのか、少しは前掛かりに攻めるようになりました。が、やはりボールを支配したのは浦項。とにかくボールを上手く散らして、安全な場所=サンフレッチェの陣内で試合を進めます。

何とか一矢を報いたいサンフレッチェは槙野が上手くペナルティエリアで倒れてPKをゲット!

これをストヤノフが冷静に決めて1対1の同点に持ち込みます。つーか、今期のサンフレッチェって全てPKでの得点だけ?

 

何とか最低限の勝ち点1をゲットできるかな?と思ったロスタイム。またまた相手のFKから西川が飛び出しますがボールに触れず、無人のゴールにびょーんと押し込まれて負け越し決定と相成りました…。

 

今日の試合でも連係には程遠い完成度。
高萩なんぞ正直この試合の戦犯ぐらいに思ってます。
森脇は…うーん、相手の倒れ方が上手かったり、審判の特徴が掴めなかったりでちょっと不器用だったですね。結局彼の与えたフリーキックから失点してますし。でも良く戦ったと思います。
中島は相変わらず周囲に注意を払わなかったりパスミス連発したりとなかなか良さが出なかったですね。
佐藤寿人は、今日も空気(涙)。
李忠成は短いですが必死さが伝わってきました。良い動きもしてました。
西川は仕方ないかな?最後の失点は痛過ぎますがそれ以上によく守ってくれました。
もっと若手を試すのも良いかと思うのですがどうなんでしょう。

 

で、ここまでの戦いを考えてみると失点は全てセットプレイ。まぁこれは何とかして欲しいけど私はそんなに気にしてません。
問題は3試合で2得点という攻撃力。それも全てPKのみ。

という事で雑感なのですが、まずは「私が惚れたサンフレッチェのサッカーって何なの?」というのが一番思った事ですね。浦項の方が個々の能力は高かったですし、全員がボールを収めれる、判断が早く、運動量が豊富でした。単純に相手の方が強かったので負けるのは仕方ないでしょう。しかしそんな中でもサンフレッチェのサッカーをやり通して欲しい。

去年のリーグ後半戦あたりからずっと感じてましたが、守りに入った時のラインが極端に低いですよね。で、奪ってからも相手陣内までが遠いからなかなか有効な攻めが見出せない。それが得点力の低下に繋がってると素人目に見て思います。もちろん逆にそれだけゴール前をキッチリ守るから得点も入れられてませんが…。
しかしその結果がリーグ4位という成績を生んだのも事実。またその事によって「点を取られたらそれ以上の点を取れば良い」というペトロヴィッチの考えを変えたのかもしれません。まるで「BE LOVED」が売れてアイドルバンドに変わり果てたGLAYのように…。

ι(´Д`υ)でもそれじゃないんだな〜!
私が惚れたアノ娘はそれじゃないんだな〜!
そんな玄人が喜びそうな渋い試合観たくないよな〜!

もっと開き直って得点を狙いにいくサンフレッチェを思い出して欲しいティコさんなのでした。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です