第一節 VS 清水エスパルス

ACLも合わせて戦う今年のサンフレッチェ。

残念ながらACL第一戦は0−1で敗北。

 

ちょっと嫌な流れで迎えたリーグのホーム開幕戦。

何としても勝って良い形で流れに乗りたいサンフレッチェでしたが、結果は残念ながら1−1の引き分け。

 

試合内容ですが、前半は互角。というより、ややサンフレッチェがやりたいようなサッカーで清水相手に上手い試合運びを見せました。

 

が、後半は一転。
まるで「J1対J2」の試合を観ているような錯覚を覚えました。

激しいプレッシャー→苦し紛れに前線にボールを蹴る→セカンドボールを奪われる→波状攻撃という最悪のパターンを繰り返すサンフレッチェ。

仮にこれで勝利をしていても、とてもじゃないですけど素直に喜べない内容でしたね〜。応援のし甲斐がないというか、魅力が無いというか…。やっぱり前線からプレッシャーを掛けたり、ボールを落ち着かせる事ができる柏木の抜けた穴が、とまだ言ってみたり…(笑)。

 

まぁもう少し主力が戻ってくれば多少は違う戦いも出来るのかな?青山、山崎に期待!

(それにしてもストヤノフのロングボールも精度が悪かったなぁ。)


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です