ACL サンフレッチェ広島 VS 山東魯能

えー、予定してなかったのですが、急遽(一人で)行く事にしたACL初戦、見事に負けましたね…。

ダメージが大きいなぁ…。

 

試合は緊張の為か、序盤からガチガチ。なかなか思い切りの良い縦パスが入らずにゆっくりした展開でシュートまでが恐ろしく遠かったです。

後半になってもフワフワした感じは変わらず。逆に相手のセットプレーでルーズになったマークの一瞬を突かれ、先制を許す苦しい展開。

 

どうしても追いつきたいサンフレッチェ。森脇や槙野が高い位置を取り出すとセカンドボールも拾えて押し込めるのですが、相手の素早いチェックでなかなかシュートまで持っていけません。

たまにビッグチャンスがあってもボールが枠内にいきません。

恐らく枠内シュートは試合を通して一、二度しかありませんでした。これでは勝てるわけがありません…。

 

そのまま試合終了。
最後までフワフワした感じでがむしゃら感もありませんでした。

負けるのは仕方ありませんが、それが見えなかったのが一番悲しかったです。

 

で、雑感なのですが、まず最初に柏木の抜けた穴はめちゃくちゃ大きい!
柏木→寿人のホットラインがないと苦しいなぁ…。今日は寿人がほとんど活かされなかったです。
早く青山に戻ってきて欲しい!(切実に)

ストヤノフはさすが!
たまに危ない場面を演出してましたが、それ以上に長短のパスや、機を見ての攻め上がりで大車輪の活躍。

そして西川周作!本当に良いキーパーがサンフレッチェに来たもんですね。
キックの精度が凄過ぎる。ゴールキックが味方にしっかりと渡りますから感動します。

逆に(私の)森脇良太、李忠成、中島は酷かった…。
森脇は何度となくパスミスの連発。忠成はトラップが良くないのか、ボールを収めれず散らせれず。中島はいつもの事ですが軽いプレーが多くて相手に囲まれて取られたり、あっさりかわされたり…(良いプレーも多いんですけどねぇ)。

あとは山岸ですかね。右サイドに張って、ボールを上手く引き出してましたが如何せんクロスの精度が…。もう少し慣れてくると良いのかな?

 

ちなみに相手の山東魯能。
ロングボール一本で攻めてくるのかと思ったら、しっかりと繋ぐ意識をもって攻めて来ました。サンフレッチェにとって危険な縦パスも入れてきてましたし、思った以上にチームとして出来上がっている印象でした。ラフプレーも無かったですし。(ホームになったらどうなるか分かりませんが)

 

さて、大きな希望を持って臨んだACL。見事に打ちのめされたわけですが、トーナメントではないのでまだチャンスはあります。次からアウェイ2連戦。是が非でも勝ち点4ぐらいを取ってもらいたい!

頑張れ!サンフレッチェ!



納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です