第31節 大宮アルディージャ戦

とにかくここ最近、勝ち星のないサンフレッチェ。
私としては勝ち星がないというより、魅力が無くなっている方が大問題。

天皇杯もサガン鳥栖に(噂では)良い所なく敗れたみたいで、この試合では結果云々より一人一人がサンフレッチェのサッカーとして戦っているか?という事の方が至上命題でした。

サンフレッチェ広島 VS 大宮アルディージャ

という事で前半。

酷いなぁ…。

パスの出しどころが無いのか、後ろでボールを回し続けた結果、前線からプレッシャーを受け、仕方なく前に放り出すけど相手に拾われてカウンターを受ける、というシーンを何度も繰り返してました。

唯一、縦パス一本のカウンターぐらいしか得点チャンスがありませんでした。コンビネーションの欠片も無ぇぇぇ…。

前半終了間際には多少ボールが回せるものの、結局シュート一本のみで終わりました。

サンフレッチェ広島 VS 大宮アルディージャ

そして後半。
やはり前半の勢いのままプレッシャーを掛けて攻めてくる大宮。
「こりゃ重症だな…。」と思ってましたが、ちょっとしたアクシデントが起こります。

サンフレッチェがクリアしたボールに佐藤寿人が反応してダッシュをした瞬間、大宮の金澤選手に止められて転びました。というより、これは寿人が上手に転んだと言った方が良いでしょう。

サンフレッチェ広島 VS 大宮アルディージャ

結果、2枚目のイエローカードで大宮アルディージャは10人になってしまいます。

これが勝敗を分けたと言っても過言ではなく、以降はタカが外れたようにサンフレッチェが活き活きとしだしました。

相手が10人と11人だと全然違うのでしょうか…。
昔観たようなサンフレッチェの試合、全員が高い位置に取りセカンドボールを拾いまくり攻めまくる、ずっとサンフレッチェのターンが続きました。

大宮アルディージャも辛抱して凌ぎますが最後の最後、柏木がPAに放り込んだボールを服部が胸で落とし、それを槙野が左足で豪快にゴールを突き刺し、遂にサンフレッチェが先制点を奪います。

大宮も最後の反撃に出ますが、そのまま試合終了。1-0でサンフレッチェが勝利しました。

サンフレッチェ広島 VS 大宮アルディージャ

勝つには勝ちましたがやはり重症、かな?
運良くこちらが数的有利になり、私が魅了された頃のサンフレッチェが観れましたが、前半と後半の始めを見る限り、ちょっと迷走してるような気がします。もう少し吹っ切れてノビノビとやってもらえたら良いのに…。

サンフレッチェ広島 VS 大宮アルディージャ

そして大宮アルディージャにとっては非常に悔しい敗戦だったと思います。
退場者を出すまでは非常に良い戦いをして試合を支配していただけに、あの不運な退場が悔やまれる事でしょう。

サンフレッチェ広島 VS 大宮アルディージャ

何はともあれ、サンフレッチェの方は欲しかった勝利を手に入れる事が出来ました。が、現状ではこの先に期待が持てない内容ですので、そんな不安を一蹴するような試合を次回に期待したいと思います。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です