第30節 川崎フロンターレ戦

これに勝てばまだ優勝戦線に残れる!という試合で、7点とか入れられて、逆に「もっと入れてくれ!」とMな気持ちになる自分を発見、の巻。

サンフレッチェ広島 VS 川崎フロンターレ

いやー、思いのほかボコボコにされましたね。
試合については言うべき言葉が見つかりませんが、フロンターレの選手との明らかな違いは気持ちでしょうか。「絶対に勝つ!」という気持ちがプレーに乗り移り、出足の早さ、運動量、全てにおいてサンフレッチェの選手を上回っていました。

逆にサンフレッチェの方ですが、ここ最近の不味い戦い方が思いっきり出てました。最終ラインが引きすぎて、ボールを奪っても前に運べず、どんどん苦しくなり、前にポンと蹴りだすだけで全て相手ボールになってしまうという悪循環。

サンフレッチェ広島 VS 川崎フロンターレ

確かに偏向ジャッジも酷かったですが、それが無くてもボコボコされてたでしょうね。それぐらい川崎フロンターレとの実力差を感じました。

サンフレッチェ広島 VS 川崎フロンターレ

サンフレッチェはもう一度戦い方を考えてもらいたい。
特にここ最近の引き過ぎな戦術は私が好きだったサンフレッチェではありません。それでも勝ってた頃は、そこから良いコンビネーションが見れたのに今は相手からモロにプレッシャーを受けて全く繋げる事が出来ていません。手詰まりというか、相手チームに研究され尽くされた感じに思います。

サンフレッチェ広島 VS 川崎フロンターレ

来週は天皇杯です。
相手はこちらも調子を落としているサガン鳥栖ですが、相手にとって不足なし。

今後に繋がる戦い方を見せてもらいたいです。

サンフレッチェ広島 VS 川崎フロンターレ

あとこうなったら是が非でも川崎フロンターレに優勝してもらいたいですね。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です