第27節 アルビレックス新潟戦

川崎や鹿島が負ける中で、上位戦線でリードする千載一遇のチャンスで迎えたアルビレックス新潟戦。これは是が非でも勝ちたい試合でした。

サンフレッチェ広島VSアルビレックス新潟

ところが前半は完全に新潟の試合。
出足鋭くサンフレッチェのパスを何度もカットしては鋭い攻めを見せます。
特に(私のじゃない)森脇は、パスカットからカウンターを受けるわ、相手に振り切られるわで散々な内容。

そんな中で1失点目は完全に崩されての失点。あれだけボールを失ってリズムを崩せば必然かな、と。
その後に喫した2失点目。中林が至近距離からのシュートを見事弾きますがその後のボール処理を誤り、相手に押し込まれます。これは正直、キーパーの失点だと思います…。

1失点目は完全に崩されての美しいゴールなのでどうしようもないですが、2失点目は止めれたでしょう。
前半、こちらにも3,4回はビッグチャンスがあったのですが、いずれも相手GKに止められています。それを考えるとキーパーの差だろうなぁ。

前半、サンフレッチェらしいコンビネーションを幾度も魅せるも、数少ないチャンスをしっかりモノにした新潟が強かった。そう思わせる前半でした。

サンフレッチェ広島VSアルビレックス新潟

後半、点を取られたサンフレッチェは前に人数を掛けてきます。それによって相手を押し込める事も出来たのですが、新潟はやっぱり強かった。
しっかりとゴール前を固めて、ペナルティエリア内ではサンフレッチェにボールを触らせない、そして奪ってからは一気のカウンター。矢野貴章は最後まで脅威であり続けました。

青山が入れた一点がせめてもの意地でしょうが、その後は新潟に上手く守られ試合終了。

サンフレッチェ広島VSアルビレックス新潟

悔しいのですがやっぱり柏木、ストヤノフの存在は大きかったのか、と思わされた今節。
私の予感としては来年、柏木はサンフレッチェに居ないような気がするんですよね。だから彼が出場停止となったこの試合で高萩や高柳に期待していたのですが、柏木ほどの運動量やキープ力、展開力はどうしても見劣りしました。

とまぁ、負けたせいかウジウジとネガティブな事ばかり書きましたが、逆にポジティブな面としてはまず横竹でしょうか。
確かにパスミスは目立ちましたが、守備面では奮闘してました。特に日本代表候補の矢野選手に抜け出された時、しっかりと付いて満足なシュートを打たせなかった粘りは良かったです!良いパスも何度か通してましたし。
あと前節と比べて皆がしっかりとミキッチを活かす事ができてましたし、サンフレッチェらしいパスワークも随所に見られましたので、チームとしてはしっかりと出来上がってるなぁという安心感はありました。

サンフレッチェ広島VSアルビレックス新潟

せっかくこの位置にいるので残り7試合、しっかりと戦って出来ればACL?もしくは優sy…と、これは言い過ぎですかな。とにかくこれからのシビれる一戦一戦を経験してもらってチームとしての逞しさを身に付けてもらいたいです。

サンフレッチェ広島VSアルビレックス新潟

つーか、悔しいなぁ!もう!!
(私のじゃない)森脇!次節は頼むぞ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です