第25節 横浜F・マリノス戦

先週日曜日は久し振りのサンフレッチェの試合。
2週間も空くと、もう観たくて観たくてモキュモキュします。

サンフレッチェ広島VS横浜Fマリノス

試合の方ですが、開幕戦はお祭りみたいなゲームでしたけど、今回はかなりシビア。
リードはしてても、いつ点を取られてもおかしくないぐらい押し込まれてましたから、とにかく勝てて良かった…といったところでしょうか。

やはりマリノスの方が個々の能力が高いなぁという印象です。オランダやガーナに歯が立たなかった中澤選手もJリーグだとトップクラスのDFですね。佐藤寿人は殆ど仕事をさせてもらえなかったです…。

サンフレッチェ広島VS横浜F・マリノス

それにしても最近のサンフレッチェは戦い方が変わりましたね。
以前の私だと「ずっとサンフレッチェのターン」を所望していたのですが、前回の山形戦、今回のマリノス戦を観て、すっかり今のサンフレッチェの方がお好きになりました。

このマリノス戦でも相手にドンドン押し込まれてポゼッションをさせてもらえませんでしたが、切れ味の鋭いカウンターで常に相手のゴールを脅かしてました。
その時に繰り出されるカウンターは、相手チームはもちろん、私のような観客も置き去りにする予想のつかないパスワークで一気に相手ゴール前まで運ばれます。

他所様のブログに出てきた単語を読んで「なるほど!」と思ったのですが、サンフレッチェのサッカーは敢えて言うなら「コンビネーション」サッカーなのかな、と。このフレーズは自分の中でしっくりきました。

サンフレッチェ広島VS横浜F・マリノス

とにもかくにも、最近は8戦負け無しだそうなので、この先の難敵にも粘り強いサンフレッチェで頑張ってもらいたいですね。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です