第20節 鹿島アントラーズ戦

いやー、王者鹿島を相手に勝ちましたね!

相手は前の試合から中2日でコンディション的にこちらが有利、とは思っていましたが完封して勝てるとは思いもしませんでした。よく踏ん張りました。

サンフレッチェ広島 VS 鹿島アントラーズ

さて、ゲーム自体は(シュート数は少ないものの)物凄く白熱したものでした。

リーグ戦2戦連続で引き分けの上、ナビスコではショッキングな負けを喫したが故、なんとしてもこの試合で勝っておきたい鹿島。
前回の対戦では完敗した上、小笠原選手から酷評されたリベンジに燃えるサンフレッチェ。
お互いの意地と意地のぶつかり合い、まさに手に汗握る展開でした。

それに華を添えるように大勢の観客の歓声が試合を盛り上げます(22,000人て、よく入りましたね~)。

サンフレッチェ広島 VS 鹿島アントラーズ

本当に疲れてるの?と思いたくなるくらい前からの圧力を強める鹿島。
サンフレッチェの最終ラインは落ち着いてボールの処理が出来ないため、苦し紛れに前に蹴りだす事が多かったように思いますが、そこを上手くかいくぐった時の相手陣内に攻め込むパスワークは流石に美しいし、相手を慌てさせるに充分な破壊力があったと思います。

そんな中で生まれたサンフレッチェの得点シーン。
青山から佐藤寿人への意表をつくスルーパス、寿人の完璧なトラップ、GKの位置を冷静に確認して届かない左隅へのシュートは鳥肌ものでした。さすがストライカー!佐藤寿人のあの冷静さと決定的なチャンスを確実に決めるメンタリティは心強いですね。

最初の20分ぐらいの鹿島の猛攻をしっかり凌ぎ、徐々に流れを引き寄せた上での得点というのも素晴らしいものだったと思います。

結局、前半35分に生まれたこの得点をしっかりと守りきってホームに駆けつけた大勢のサポーターに勝利をプレゼントする事が出来ました。

サンフレッチェ広島 VS 鹿島アントラーズ

これで勝ち点30ですか。
とりあえず良かったと思いますが、残留圏内にはまだまだ安心できそうにないので次も頑張って勝利を積み重ねっていって欲しいと思います。

あとヒーローインタビューは佐藤寿人でしたが、今回一番光ってたのは柏木だったと思います。前からの献身的な守備は本当に頭が下がります(寿人もですが…)。それと早くミキッチに戻って欲しいな。じゃないと…ねぇ?

サンフレッチェ広島 VS 鹿島アントラーズ

ちなみに今回の鹿島アントラーズで印象に残った選手はいませんでした。
全員がハードワークをする、さすがに王者!と思わせるチームとしての印象でした。

サンフレッチェ広島 VS 鹿島アントラーズ

えー、それから最後にあまり言っちゃいけないだろうし、ふざけんな!と思われるかもしれませんが、もう少しいわゆる「バカ試合」みたいのが観たい気もするな~、と。
「1 対 0」で渋く試合をクローズさせるのも良いですが、私が惚れたサンフレッチェはどちらかと言うとイケイケで相手が誰であろうと果敢に前に出て繋いで繋いでフィニッシュまで持っていく、という印象だったので…。

ま、勝ち方というか戦い方が分かってきたのでしょうが…ちょっと複雑です。かと言って負けるのは嫌だし。わがままだなぁ(苦笑)。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です