第19節 FC東京戦

アウェイ、かつ好調の相手に対して勝ち点1を取れた事は良かったかなぁ、と思いましたがあそこまでベタ引きのサンフレッチェはどうかなぁ、とモヤモヤ感が募った試合でした。
試合内容でいけば相手の方が上だったと思います。

サンフレッチェ広島VSFC東京

前半、無理に攻めずお互いが慎重な立ち上がりでしたが、どうもサンフレッチェの選手はフワフワしているというかパスミス、もしくはミスパスを繰り返していました。

ボールは持たせてもらえるのですが、シュートまで持っていけず途中で奪われて相手に攻められるという流れをずっと繰り返していたような…。特に青山、高柳両選手のミスが目立っていたと思います。とりわけ高柳はストロングポイントであるキープ力も発揮できずに奪われれていました。

それでも時折サンフレッチェらしい流れるようなパスワークからゴール前まで運びますが決定的な仕事をさせてもらえません。

サンフレッチェ広島VSFC東京

恐らく前半はとにかく失点をせずに終えて後半勝負をしてくるのかな、と期待しておりました。
ハーフタイムを挟んでガラっと変わる事はよくある事ですからね。

で、後半は高柳から高萩に替えてきたサンフレッチェ。
これは期待ができるかも、と思ってましたが相変わらずのパスミス、もしくはミスパスから相手のカウンターを浴びて徐々に押し込められていきます。

サンフレッチェ広島VSFC東京

気付けばずーっとFC東京のターン。

サンフレッチェ広島VSFC東京

石川選手、カボレ選手、平山選手にスペースを与えたくないからなのか、とにかくベタ引きで全員守備。そうなるとボールを奪っても攻める迫力は半減するし攻めれない。結局そのままスコアレスドローというちょっと酸っぱい結果となりました。

逆にFC東京もこちらのベタ引きに攻めあぐね、効果的な攻撃はほとんど出来ませんでした。

サンフレッチェ広島VSFC東京

一夜明けた今、冷静に考えると絶好調のFC東京相手に0で抑えて勝ち点1を取れたというのは良かったのかなと思います。相手の圧力に屈してベタ引きしたサンフレッチェはあんまり観たくないですけど、結果としては「よく我慢した」と評価できるかと思います。

サンフレッチェ広島VSFC東京

FC東京の方ですが目立った選手はブルーノ選手でしょうか。佐藤寿人に仕事をさせずに危険なパスはことごとく跳ね返していました。それから米本選手の効果的な上がり、羽生選手の絶対にボールを奪われない対人の強さ、石川選手の枠に飛んでくる凄いシュート。

サンフレッチェ広島VSFC東京

こうして見ると、よくゴールを割らせずに勝ち点1を取って帰ってきたな、と褒めてあげたい。

サンフレッチェ広島VSFC東京

来週は王者鹿島ですか。
前半戦ではケチョンケチョンにやられたそうなので、その借りをしっかりと返してください。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です