第18節 ジェフユナイテッド千葉戦

ここまで3連敗…。
いずれも良い試合をしながら点が取れずに敗戦。
浦和レッズ戦はともかく、ジュビロ磐田や京都サンガにはしっかりと広島を研究され、引いて守る対策を施された上、無す術なく敗れた感がありました。

今節の相手、ジェフ千葉も同じような相手で正直不安です。
しかし、この試合で何としても勝っておかないと降格争いに巻き込まれる恐れもある非常に大事な試合でした。

サンフレッチェ広島VSジェフ千葉

前半はお互いが慎重になり過ぎているのか、とにかく点を取られたくない!という感じが見えてジャブの打ち合いに終始した印象でした。そこまで悪くはないですが、決して良いとも言えない内容。どちらかと言うと積極性が無いので悪い方かな?

サンフレッチェ広島VSジェフ千葉

そういう沈滞ムードが漂う中での前半終了。
とりあえず0-0は良しかな?と思ってハーフタイムの間に食事を摂ることに。

思った以上におかずの量があるのと、タコの酢の物がなかなか飲み込めず悪戦苦闘。
ようやく食事を終え、急いで部屋に戻って後半を観戦すると既に試合は始まってました。というかストヤノフが顔を真っ赤にして叫んでる最中。

サンフレッチェ広島VSジェフ千葉

( ゚д゚) …。

サンフレッチェ広島VSジェフ千葉

サンフレッチェ広島 2 - 0 ジェフ千葉

サンフレッチェ広島VSジェフ千葉

( д) ゚ ゚ ポンッ

サンフレッチェ広島VSジェフ千葉

!!(゚ロ゚屮)屮点入っとるー!それも2点。

サンフレッチェ広島VSジェフ千葉

その瞬間を見逃した気持ち、プライスレス。て感じですが、とにもかくにも喉から手が出るほど欲しかった先制点を取れたのは大きかったと思います。逆に先制されていたら完全にベタ引きで守られてタイムアップが予想されましたので…。とにかく遅ればせながら良かった!

サンフレッチェ広島VSジェフ千葉

その後は相手が攻めにでるしかなくなったので、こちらとしては欲しかったスペースが生まれてきました。

こうなればサンフレッチェの攻撃が活きてきます。
スペースにどんどん走り込んできてワンタッチでのパス交換。完全に相手を振っておいての逆サイド。まさに人もボールも心も動く美しいサッカーだったと思います。

サンフレッチェ広島VSジェフ千葉

後半終了間際にも相手DFがクリア処理をミスした隙を突いて李が冷静にゴール左隅に叩き込み3-0。
直後、相手に1点を返されるも、その直ぐ後に佐藤寿人がゴールラインぎりぎりをドリブルで突破して折り返し→スペースに走りこんできた青山がドフリーの状態でシュート。相手DFに当たり、一旦は弾き返されるもののもう一度戻ってきたボールをふかさないように抑えてシュート。

これが決まり、結局4-1で勝利する事が出来ました。

最後のバタバタ感はサンフレッチェらしかったですが…。とにかくここまでなかなかチャンスを点に結びつける事が出来なかったのですが、この試合では上手く点を取る事が出来たと思います。

ジェフ千葉の方ですが、深井選手が相変わらずのハードワークと個人技で「さすが」と思わせるプレーを見せてくれました。前線からの守備で何度もサンフレッチェが危なかったシーンもありましたし…。あと巻選手がスタメンからプレーしていたら正直分からなかったかも知れません。彼の高さが無かったぶん、広島は助かりました。

サンフレッチェ広島VSジェフ千葉

これでようやく今週は久し振りに楽しい一週間を送る事が出来そうです!
ただ来週は絶好調のFC東京が相手。
その上、サンフレッチェは槙野とミキッチが次節は出場停止(特にミキッチは痛いなぁ…)。

不安でもあり楽しみでもあり…。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です