ウィンブルドン 決勝

ウィンブルドン決勝戦、フェデラーで決着がつきましたね。

私もNHKで観ていたクチなんですが、勝者のフェデラー、敗者のロディック共に素晴らしい試合でした。何度も驚嘆するプレーで観る者を魅了する決勝戦に相応しい一流のプレイヤー同士の戦い。

ウィンブルドン決勝

決勝のゲーム数は「77」。過去最多のゲーム数で試合時間は4時間を越したそうです。

この試合は後に「記憶に残る名勝負」とか「4時間を越える大熱戦」とか呼ばれて語り継がれるんでしょうが、日本の片隅で観ている私としては「はよ終われ!」と思ってたのは偽らざる心情。

(`・д´・ ;)い、いや、本当に良い試合だったんですよ!
お互いが一歩も譲らず殆どのゲームをキープする質の高いゲームだったんですよ!
それはもう間違いない!

でも夜中の2時になっても決着がつかないと仕事人の私からしたら焦り以外に何もない。

結局第5セット「11-11」ぐらいで眠りについたんで優勝の瞬間を観てません…。

ウィンブルドン決勝

(´・ω・`)熱戦も良いけど、出来れば3時間ぐらいで収めてくんないかな…。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

2 comments

  • ウィンブルドンは芝だからあれでも展開速いほうでしょう。

    私が高1の時、全米決勝(ビランデルvsレンドル)は確か5時間以上かかったと思います。

    全仏のチャンvsエドベリも長かった・・・

  • >サミュエル・カトーさん
    !!(゚ロ゚屮)屮マジッすか!?
    あれでまだ速いだなんて…。

    5時間以上…。もう最後は決着が付くまで意地で見るしかないような世界ですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です