ナビスコカップ予選 大分トリニータ戦

昨日はJリーグナビスコカップ予選「サンフレッチェ広島VS大分トリニータ」がありました。

地上波はもとより、BSでもCSでも放送されないので、観に行ってない人にとってはある意味非公開みたいな試合でしたが、インターネットの速報なんぞを頼りに結果を知りました。

ナビスコカップ予選 VS大分トリニータ

正直、にわかの私では知らない選手が沢山出場していて「はて、どうなるもんか」と思っていましたが、なんとか2-2の同点で勝ち点1を取ったみたいです。

色んなブログや掲示板を読む限り、一説では「あの芝はじゅうたん。あんなとこで主力を出してケガでもしたら大事だ!」とばかりに主力を休ませたんじゃないか、みたいな事を書いてるのも読みましたが、私としては「疲労の溜まった主力選手を休ませる為」「チームの底上げで若手に経験を積ませる為」の2点だけだったと思いたいな。
じゃないと、「主力は怪我したら困るから若手(怪我OK)を出しちゃえ!」みたいな理不尽な取り方もできますし。

ナビスコカップ予選 VS大分トリニータ

ま、そんな事はさておき、若手中心で結果を出せた事は非常に嬉しい事です。こうやってどんどん層を厚くして強いチームになってもらいたいですね!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です