第13節 大分トリニータ戦

( ^∀^)サンフレッチェ、やりました!
リーグ戦、2連勝で、順位も暫定で6位まで上がってきました。

大分トリニータ戦

さてさて、今回のトリニータ大分戦ですが、私が観たかったサンフレッチェらしい面白い試合でしたね。

前半から攻めるサンフレッチェに鋭いカウンターを繰り出すトリニータという構図。30分過ぎまではどちらに転んでもおかしくない一進一退の展開でドキドキ。

しかし、相手DFの裏を狙ったロングパスや的を絞らせないパス回しによって30分過ぎからは徐々にサンフレッチェペース。おぉ!これこれ!こういう試合が観たかったんです。(こっちが気分良い分、相手はフラストレーションが溜まるでしょうが…)

大分トリニータ戦

そんな中、0対0で終わると思われた前半のロスタイム。

柏木が囲まれて倒れながらもパス

青山がドリブルでPA前まで持ち込んで中島にスルーパス

中島がダイレクトで早いグラウンダーのクロス

佐藤寿人が飛び込んでゴール!

大分トリニータ戦

何とも綺麗な繋ぎからの先制点が生まれました。

大分トリニータ戦

後半はセカンドボールをほとんど拾えたサンフレッチェのペースでした。狭いところでのワンタッチによるパス回しやストヤノフのロングボール。運動量で勝るサンフレッチェがトリニータを圧倒する事が出来たと思います。

「私の」森脇は相変わらず危なっかしいパスが目に付きましたが熱いハートで守備をしてました。という事にしときます。から許して。ちょんまげ。

大分トリニータ戦

相手の攻撃も2,3回危ない場面がありましたが、総じてPA外からのシュートでしたのであんまり怖い印象はありませんでした。

大分トリニータ戦

今回の対戦相手、大分トリニータの印象ですが、家長選手は視野が広くてやはり上手いな、という印象を持ちました。ただ運動量が少ないのかな?ボールを取られても取り返しにこないし、完全なる攻撃オンリー要員だな、と。

あとは森重選手や、何といっても西川GKが凄かった。本当なら3点ぐらい取れてたと思いますが、ビッグセーブ連発で1点で抑えられました。

特に平繁がほぼキーパーと1対1だったにも関わらずシュートを止められたのは痛かったですね。(ちなみに試合後、平繁はミキッチに慰められてましたね。)

大分トリニータ戦

とにかくアウェイで勝ち点を重ねる事ができたのは大きいです。
次節も是非頑張ってもらいたいですね!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です