第12節 モンテディオ山形戦

勝ちましたNE!
連敗だけは嫌だったのでとりあえずほっと一息です。

今回は完勝と呼べる内容だったのではないでしょうか。

サンフレ VS モンテディオ山形

前半は完全にサンフレッチェのペース。
連休中の重たそうな動きとは違い、全員キビキビと高い位置からのプレスとあちこちに回るパスで相手を翻弄します。

先制点は相手DFのバックパスを柏木が読んでカット、そのままゴールに流し込んだ、隙を付く上手いゴール。2点目は同じく柏木のFKから槙野がドンピシャで合わせて決めてくれました。

サンフレッチェの崩しというより相手の自滅、エラーでの得点でしたが、それはサンフレッチェの選手が相手の山形に余裕を与えないタイトな守備で相手を慌てさせた結果だからだと思います。また、その隙を見逃さずに点に結びつけたのは何とも頼もしいところ。

サンフレ VS モンテディオ山形

前半10分で2点。
これでサンフレッチェは無理してプレッシャーを掛け続ける事なく、危険なところだけ厳しくいく守備に変えたように思います。その分、山形も回せるようになりましたが、ペナルティエリア付近ではほとんど何も出来なかったので安心して観ていられました。

よし、2-0は上出来と思った前半終了間際、高萩が30メートルのビューティフルゴールを沈めます。これはサンフレッチェにとってはラッキー、山形にとっては不幸なスーパーゴールだったな、と。

サンフレ VS モンテディオ山形

さすがに3-0となると後半は落ち着いて観られました。

山形もリスクを負って攻勢を強めてます。
後半22分にはそれが実り、山形の秋葉選手にヘディングシュートで一点を返されます。
まぁあれは仕方ないと思います。相手が上手でした。

サンフレ VS モンテディオ山形

ただ全般を通して危険なシーンはさほど見られなかったと思います。
前半の続きで、守るところをしっかり守って奪ったところからカウンターという展開。攻められてはいましたが、むしろ惜しいシュートというのはサンフレッチェの方が多かったような気がします。

ただそこのカウンターでの惜しいシュートを放ったミキッチと中島。あれは決めて欲しかったですね。せめて枠の中には入れてごにょごにょ…。

そして試合はそのまま3-1で終了。

サンフレ VS モンテディオ山形

これで勝ち点3をゲットして、リーグの順位でも初めて(同じ昇格組の)山形の上に立つ事ができました。何より上位のチームに離されずに付いていくことが出来るのはモチベーションの意味でも大切なので良かったです。

(人´∀`)この調子でも次も頑張れー!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です