第11節 ジェフ千葉戦

昨日、サンフレッチェの勝利を信じつつ、のほほんと外出しておりまして、先程録画した試合を観ました。

のほほんと観戦しておったのですが、試合が進むにつれ体温が上がり、終了後は心肺停止状態になりかけました。お花畑が見える…。

サンフレッチェVS千葉

試合の方ですが、まぁ完敗かな?と思いました。

前半からパスミスを繰り返して自分達からリズムを悪くしてる印象がありました。
そんな中での先制点はさすがにサンフレッチェらしい、狭いところでのパス回しから柏木が相手の上を飛び越えるパスに高萩がダイレクトでボレーシュート。

「あぁ素敵!」と思っておりましたが、逆に今度は中盤で不用意にボールを取られてからのカウンター。千葉の深井選手のスーパーシュートがゴールの深いところに突き刺さり同点。あ、今ダジャレを織り込んでみました。

続けざまにCKから槙野が巻選手にマークを外され逆転ゴールを許して前半終了。

サンフレッチェVS千葉

後半になると突然動きが良くなったりするサンフレッチェの選手ですが、今回はそんな覚醒も起こらずに終始運動量が上がらないまま試合終了。
特に後半は相手陣内に入ってからのパスワークや崩しが見られず点が入る気配がありませんでした。逆に千葉は攻撃面で怖いところはありませんでしたが、こちらの前線3人、両サイドをしっかりと押さえて最後まで集中を切らしませんでした。

サンフレッチェVS千葉

やはり連戦の疲れがドッと出たのでしょうか。明らかに集中力を欠くプレーが多かったように思います。先発メンバーを2,3人入れ替えてみるのも良かったような気がしますが、終わった事は仕方ありません。

何はともあれ連戦が終わりましたので、これで一度リセットして次のホームでしっかりとサンフレッチェらしい試合を魅せてもらうではないですか!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

2 comments

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です